基本料金

(税別)

セキュアパッケージタイプ
サービスプラン
月額料金 初期料金 単位
スタンダードプラン
ー スモールエッジモデル
19,000円 0円 / 拠点
スタンダードプラン ワイヤレスバックアップ
ー スモールエッジモデル
19,500円 0円 / 拠点
アクセス回線フリープラン 19,000円 0円 / 拠点
インターネットオフロードゲートウェイプラン 30,000円 0円 / テナント

※1 別途、24時間365日オンサイト保守のお申し込みが必要です。
※2 Hub拠点、Spoke拠点いずれも対象です。

月額料金には次の利用料金が含まれています。

セキュアパッケージタイプ
サービスプラン
月額料金に含まれる利用料金
エッジ装置 (センドバック保守) SIMカード コントロールパネル オーケストレーター 閉域ネットワーク ゲートウェイ基盤
スタンダードプラン
ー スモールエッジモデル
スタンダードプラン
ワイヤレスバックアップ
ー スモールエッジモデル
インターネットオフロード
ゲートウェイプラン

初期料金には次の範囲が含まれています。

セキュアパッケージタイプ
サービスプラン
初期料金に含まれる利用料金
エッジ装置送付※1 SIMカード初期設定 コントロールパネル初期設定 オーケストレーター初期設定 閉域ネットワーク初期設定 ゲートウェイ基盤初期設定
スタンダードプラン
ー スモールエッジモデル
スタンダードプラン
ワイヤレスバックアップ
ー スモールエッジモデル
インターネットオフロード
ゲートウェイプラン

※1 オンサイト取り付け工事は含みません。
※2 仮想エッジ装置の設定はお客さまにて実施してください。

オプション料金

「Master'sONE CloudWAN」のオプション料金は次のとおりです。

  • エッジ装置オプション工事
    スモールエッジ装置のみ、ご提供可能なオプションです。
    お客さまのご要望にあわせて、次の追加料金にてエッジ装置の工事を代行で実施することが可能です。
  • エッジ装置オプション保守
    お客さまのご要望にあわせて、次の追加料金にてエッジ装置の保守レベルをアップグレードすることが可能です。
  • ファイバーラインオプション
    お客さまのご要望にあわせて、次の料金にて、エッジ装置と一緒に、お客さま宅内に光回線を敷設し、アクセス回線としてご利用いただきます。
  • マネジメントサービス・導入支援サービス
    お客さまのご要望にあわせて、次の追加料金にて設計代行、コントロールパネル設定トレーニング、および設定投入代行を行います。
  • マネジメントサービス・Master’sONE一元保守電話窓口
    お客さまからの電話申告にもとづき、コントロールパネルからのエッジ装置、およびファイバーラインの故障手配作業を代行します。

スモールエッジモデル

(税別)

エッジ装置
オプション種別
オプション 月額料金 初期料金 単位
工事 オンサイト工事※1 0円 56,000円 / 拠点
追加ping試験 0円 3,500円 / 拠点

(税別)

オプション 月額料金 初期料金 単位
ファイバーラインオプション
(戸建て向け)基本料金
5,700円 27,500円 / 拠点
工事
メニュー※1
A 配線ルート構築工事 開通工事と同日 14,000円
開通工事と別日 27,000円
構内ルート調査 基本費用 13,000円
通線確認加算額 3,000円
B 夜間・深夜割増工事費 昼間(8:30-17:00) 個別見積
(工事メニューの組合せにより料金が異なります)
夜間(17:00-22:00)
深夜(22:00-8:30)
12/29-1/3(8:30-22:00)
C 訪問時刻指定加算料金 東日本エリア 昼間(9:00-16:00) 11,000円
夜間(17:00-21:00) 18,000円
深夜(22:00-8:00) 28,000円
西日本エリア 昼間(9:00-16:00)   11,000円
夜間(17:00-21:00) 20,000円
深夜(22:00-8:00) 30,000円
土日工事加算額 3,000円
保守
メニュー
平日09:00-17:00、365日オンサイト保守料金
24時間365日オンサイト保守料金 3,000円

※1 工事メニューC(訪問時刻指定加算料金)は、基本料金、工事メニューA(配線ルート構築工事・校内ルート調査)が対象です。

  • マネジメントサービス

(税別)

マネジメントサービス 初期料金 単位
導入支援サービス 設計代行プラン お客さま宅内訪問型※1 10拠点まで一律 300,000円 /拠点
追加1拠点毎 12,000円 /拠点
ツール利用型 10拠点まで一律 180,000円 /拠点
追加1拠点毎 12,000円 /拠点
コントロールパネル設定
トレーニングプラン
お客様宅内訪問型 50,000円 /1回
ツール利用型 15,000円 /1回
コントロールパネル設定投入代行プラン 15,000円 /拠点
マネジメントサービス 月額料金 単位
Master'sONE一元保守電話窓口 ※2 1,000円 / 拠点

※1 お客さま訪問型は、交通費は含まれております。

※2 エッジ装置オプション保守料金 「24時間365日オンサイト保守」を選択した拠点のみ適用することが可能です。
テナント内のすべての拠点で本オプションを適用いただく必要がございます。1つのテナント内で適用/非適用の拠点を混在させることはできません。
ご利用時には1つのテナントに所属する1拠点あたりのお客さまからの電話問い合わせは月間5回までとなります。月間5回を超過する場合、1回あたり5,000円(税別)が発生いたします。

請求開始

開通」状態に関係なく、オーバーレイタイプではエッジ装置のお客さま引き渡し翌日を「利用開始日」とします。クラウドコネクタプランでは、コントロールパネルでのお申込み完了の翌日を「利用開始日」とします。「利用開始日」よりNTTPCにて請求を開始し、利用日数に応じて暦日数により日割り請求を行います。

各プランや工事方法に関する請求開始日と開通日、廃止日の考え方は、 開通・廃止を参照ください。

請求終了

コントロールパネル上でお申込みされた「廃止日」までを請求対象とし、利用日数に応じて暦日数により日割り請求を行います。最低利用期間が満了しないうちに廃止の場合、廃止の当月ご請求分に残余期間に対応する月額料金を一括で請求します。
また、オーバーレイタイプにおいて、エッジ装置の返却をNTTPCにて「廃止日」から10営業日以内に確認できない場合、損害金を請求します。ご留意ください。

損害金

概要

エッジ装置廃止申込みに伴い、「廃止日」から10営業日以内にNTTPCにて返却を確認できなかった場合や、お客さま事由でエッジ装置を紛失、破損してしまった場合、またセンドバック保守交換後にNTTPCで該当エッジ装置の故障を確認できなかった場合に、次の損害金を請求します。
損害金は発生月の翌々月請求になる場合があります。

(税別)

サービスタイプ エッジモデル 損害金 単位
オーバーレイタイプ スモールエッジ装置 50,000円 / 拠点
ミドルエッジ装置 300,000円
セキュアパッケージタイプ スモールエッジ装置 50,000円

最低利用期間

最低利用期間は以下の通りです。

サービスメニュー 最低利用期間
下記サービスメニューを除くすべてのサービスメニュー 利用開始日より1カ月間
オーバーレイタイプ スタンダードプラン ミドルエッジモデル 利用開始日より12カ月間