サービス

SERVICE

サービスロードマップ

「Master'sONE CloudWAN」は、中堅・中小企業のお客さまに適したインフラ環境を提供し続けるべく、今後も新機能を開発していきます。今後のサービスロードマップは次のとおりです。
※2018年04月時点のロードマップです。今後変更の可能性があり、提供時期をお約束するものではありません。

サービスロードマップ

リリーススケジュールに関しては上記の通りです。
ただし、その時点でお客さまのご要望の高い機能を優先的に開発していくため、リリース予定は変更になる可能性があります。

マネジメントサービス

提供予定時期

2018年04月~06月

概要

NTTPCがお客さまネットワークの設計やオーダー / 保守運用の代行をします。お客さまで複雑な構成管理などを実施する必要がなくなります。

回線バンドル提供

提供予定時期

2018年07月~09月

概要

コントロールパネルから、光回線をセットでお申込みになることができます。
お申込みから保守まで、一元的にご利用可能です。

※本機能は、セキュアパッケージのみ提供を予定しています。

セキュリティ機能強化

提供予定時期

2018年07月~09月

概要

セキュリティレベルの高い次世代ファイアウォール相当のセキュリティ機能を、クラウド上に実装 ( vCPE )もしくは各拠点のエッジ装置に実装 ( uCPE )することができます。
vCPEでは各拠点の通信をクラウド上のセキュリティ機能を経由させることで、セキュリティポリシーの集中管理が可能となります。
また、uCPEではエッジ装置にセキュリティ機能をインストールし、各拠点でセキュリティを確保しインターネット通信を行えるようになります。

※現在uCPEへの実装は、提供開始時期が未定です。時期が確定次第、本ページへ掲載いたします。

1Gエッジ装置ラインナップ追加

提供予定時期

2018年07月~09月

概要

センター拠点で利用可能な高スループットエッジ装置のラインナップを追加します。お客さまで拠点の性質毎に適切なスペックの機器を選択することが可能になります。

モバイル回線 ( LTE ) サポート

提供予定時期

2018年10月~12月

概要

アンダーレイネットワークにモバイル回線を利用できます。これにより、モバイル回線を使った迅速な拠点開設が可能となります。

Wi-Fiサポート

提供予定時期

2019年度

概要

エッジ装置に、無線APとしての機能を備えます。本サービスのエッジ装置を用いて無線LAN環境を構築可能となります。

モバイル端末対応アプリケーション

提供予定時期

2019年度

概要

モバイル端末にインストール可能なクライアント型アプリケーションとして本サービスを提供します。アプリケーションを起動するだけで企業ネットワークに接続可能です。これにより、いつでもどこでも企業ネットワークに接続することが可能となり、「働き方改革」推進に寄与できます。

サービスチェイニング

提供予定時期

2019年以降

概要

お客さまの利用したいセキュリティ機能などをオンデマンドに付加する機能です。本機能により特定のユーザー通信を経路制御し、データセンターにアクセスする前に外部のファイアウォールなどの機器を経由させることが可能になります。
また、データセンター到達前にセキュリティポリシーを適用して悪意のある通信を防御したり、ファイアウォール機能をオーバーレイで柔軟に追加し、各エッジ装置に分散して経路設定しておきながらセキュリティポリシーに関しては集中制御することなども可能となります。セキュリティ装置の集約も可能となるため、コスト削減に寄与します。

パブリッククラウド接続

提供予定時期

2017年10月 AWS接続(提供済み)
2019年以降 Azure接続

概要

拠点-クラウド接続、クラウド間接続をオンデマンドで構築する機能です。本機能では、クラウド上に配置される仮想エッジ装置とトンネルを構築し、あたかも1つの拠点のように接続が可能となるため、よりセキュアかつ簡易にパブリッククラウドに接続できます。
AWSを10月より提供開始しています。また、Azure接続は、開発完了次第提供予定です。

※AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

※Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。