本サービスは、お客さま企業を取り巻くビジネス環境に応じた、柔軟なICT環境を提供し続けるべく、今後も新機能を開発、サービス自体をバージョンアップしていきます。今後のサービスロードマップは次のとおりです。

※2018年11月時点のロードマップです。今後変更の可能性があり、提供時期をお約束するものではありません。

リリーススケジュールに関しては上記の通りです。
ただし、その時点でお客さまのご要望の高い機能を優先的に開発していくため、リリース予定は変更になる可能性があります。

アップサイドセキュリティサービス

セキュリティ機能を、クラウド上に実装 (vCPE) 。セキュリティポリシーを集中管理できる上、よりセキュアにインターネットをご利用いただけるようになります。

回線(光回線)バンドル提供※対象サービスはセキュアパッケージのみ

コントロールパネルから、お客さまご自身にて、回線(弊社サービス名はファイバーライン、光コラボレーションによる光回線です)をオンライン申込・手配いただけます。

LTE対応

モバイル回線(LTE)を利用可能。回線手配のリードタイムがなくなり、さらに迅速な拠点開設が可能になります。

スマートフォンタブレット対応サービス

クライアント型アプリケーションを提供。ユーザはアプリケーションを起動するだけで、セキュアに企業ネットワークに接続できます。

高スループットエッジ装置モデル追加

高スループットなエッジ装置をラインナップに追加し提供します。お客さまの通信状況に合わせ、センター拠点への設置などに有効です。

マネジメントサービス

お客さまに代わり、NTTPCにてネットワーク設計からオーダー / 保守運用を行います。

サービスチェイニング機能

お客さまが利用されたい、クラウド型セキュリティサービスなどをオンデマンドで付加できます。

エッジサイドセキュリティサービス

セキュリティ機能を、エッジ装置に実装 (uCPE) 。よりセキュアに、拠点側から直接インターネット利用をできるようになります。

Wi-Fi対応

エッジ装置に、無線AP機能を搭載します。エッジ装置一台で、無線LAN環境を構築可能となります。

ソフトウェアエッジサービス

エッジ装置に搭載されている機能をソフトウェアとして提供します。これにより、ハード(機器)依存なく、ご希望に応じた機器によりCloudWANを利用できます。