お客さまのネットワークはどのタイプ?

  • Aタイプ
    従業員数が300人以上の企業
  • Bタイプ
    従業員数が50~300人の企業
  • Cタイプ
    従業員数が50人未満の企業

ご利用の企業ネットワーク構成例

グループ企業や利用用途に合わせて複数のネットワークを組み合わせて、企業ネットワークを構築。セキュリティポリシーを一括管理するために本社やデータセンターからクラウド接続やインターネット接続を行っている。

課題

クラウド利用拡大やWindowsUpdateにより、企業ネットワークでの輻輳や遅延が増加。特にインターネット接続やクラウド接続を行っているキャリアインターネット接続サービスで輻輳や遅延が発生している。

複数のネットワークを組み合わせていることによる管理の煩雑化、ビジネス拡張にあわせたネットワークポリシーの変更に伴う迅速な各拠点での設定変更。

SD-WAN導入メリット

いまの企業ネットワークをそのままで導入可能

企業ネットワーク内のトラフィックの可視化を行い、クラウド向け通信や特定インターネット通信、WndowsUpdateトラフィックを直接インターネットに迂回させることで輻輳や遅延を回避でき、本社やデータセンター拠点の設備増強や帯域増強を行う必要がない。

複数のグループ企業ネットワークをオーバーレイにより、1つのネットワークとして運用が可能となり、セキュリティポリシーやネットワークポリシーの集中管理による運用の簡素化、さらにAPIによる自社システムへの組み込みによる運用軽減が可能。

ご利用の企業ネットワーク構成例

「フレッツ」などを主に利用した、インターネットと隔離された企業ネットワークを構築。
セキュリティポリシーを一括管理するためにキャリアから提供されるインターネット接続サービスを利用し、クラウド接続やインターネット接続を行っている。

課題

クラウド利用拡大やWindowsUpdateにより、企業ネットワークでの輻輳や遅延が増加。特にインターネット接続やクラウド接続を行っているキャリアインターネット接続サービスで輻輳や遅延が発生している。

社内システム管理業務に注力しており、企業ネットワーク管理業務にリソースがさけない。

SD-WAN導入メリット

いまの企業ネットワークをそのままで導入可能。

企業ネットワーク内のトラフィックの可視化を行い、クラウド向け通信や特定インターネット通信、WndowsUpdateトラフィックを直接インターネットに迂回させることで輻輳や遅延を回避でき、キャリアインターネット接続サービスの増強を行う必要がない。

セキュリティポリシーやネットワークポリシーの集中管理による運用の簡素化。

ご利用の企業ネットワーク構成例

インターネット利用し、IPSecルータなどでセキュリティを確保した企業ネットワークを構築。セキュリティポリシーを一括管理するために本社やデータセンターからクラウド接続やインターネット接続を行っている。

課題

クラウド利用拡大やWindowsUpdateにより、企業ネットワークでの輻輳や遅延が増加。特にインターネット接続やクラウド接続を行っている本社やデータセンター拠点で輻輳や遅延が発生している。

事業所移転やリモートオフィス構築に、企業ネットワーク管理業務にリソースがさけない。

SD-WAN導入メリット

いまの企業ネットワークをそのままで導入可能

企業ネットワーク内のトラフィックの可視化を行い、クラウド向け通信や特定インターネット通信、WndowsUpdateトラフィックを直接インターネットに迂回させることで輻輳や遅延を回避でき、本社やデータセンター拠点の設備増強や帯域増強を行う必要がない。

事業所移転やリモートオフィス構築が簡単にできる。

<期間限定>速度体感キャンペーン実施中!

セキュアパッケージタイプを今だけ、お試し価格で利用できます。

詳しく見る

SD-WANの乗り換えステップ

  • SETP 1

    まずはお試し

  • SETP 2

    困っている拠点だけ導入

  • SETP 3

    全面導入

STEP1:まずはお試し

情報システム担当の方が操作しやすい、管理しやすい環境に2台導入して、疑似企業ネットワークを構築してみて、SD-WANを体験してみましょう。

選定ポイント

  • 各社いろんな機能がそろってます。惑わされやすいので、困っていることを明確にしましょう。困っていることに適したサービス/機器の選定を行います。
  • ライセンスによる機能差分を意識します。
  • お試しだけなので、長期契約ではなく短期契約のものを選定します。
  • 出来れば日本語サポートのサービス/機器を選定します。英語に自信があるなら、海外製品にもチャレンジします。ただ、海外製品の場合、導入時した場合の保守運用サポートを意識しましょう。

STEP2:困っている拠点だけ導入

SD-WANはオーバーレイです。既存の企業ネットワークでも簡単に導入できます。輻輳や遅延で業務が滞っている拠点で導入してみましょう。SD-WANが自動的に判断して、快適通信が可能です。
ただこの場合はSD-WANを導入した拠点のみ改善となります。他の拠点や本社やデータセンターの改善は難しいでしょう。またこの時点では運用はまだ楽にはなりません。

STEP3:全面導入

困っている拠点で改善が見られたら、いよいよ全面導入していきましょう。これにより、企業ネットワーク内のトラフィック最適化、さらに一括管理により運用が楽になります。

<期間限定>速度体感キャンペーン実施中!

セキュアパッケージタイプを今だけ、お試し価格で利用できます。

詳しく見る