ナレッジセンター

KNOWLEDGE CENTER

技術マニュアル

技術仕様書:サービス構成

サービス構成

WANネットワーク構成

オーケストレーターとエッジ装置は常にセキュアなトンネルセッションを持ち、制御通信を行っており、エッジ装置の状態を監視、把握することができます。オーケストレーターはエッジ装置とBGP4ピア接続しており、オーケストレータ-がBGP4ルートリフレクタとして動作することにより、拠点の追加や廃止、変更が行われても各拠点のエッジ装置は個別に設定などを行うことなく通信を行うことができます。

オーバーレイとアンダーレイ

本サービスはアンダーレイの通信 / オーバーレイの通信という考え方を持っており、アンダーレイは、オーケストレーターとのトンネル接続や制御通信をやりとりする層を指し、オーバーレイは、エッジ装置間のトンネルセッションで構築するVPNや、そのVPNを利用したお客さまの通信を指します。そのため、アンダーレイのデフォルトルートは回線終端のルーターからDHCPで配信されるデフォルトGWとなりますが(DHCP接続の場合)、オーバーレイではアンダーレイとは別なデフォルトルートのエッジ装置を設定できます。また、制御のための通信を行うため、Cプレーン (Control Plane) と呼び、データ通信はUプレーン (User Data Plane) またはDプレーン (User Data Plane) と呼びます。

オーケストレーターとエッジ装置の制御通信 (Cプレーン)

エッジ装置とオーケストレータ-間やエッジ装置間の通信は全て、UDPベースの暗号化プロトコルであるDTLSによって暗号化されます。オーケストレーターとの暗号化セッションの確立の際には、エッジ装置のシリアル情報などを基して、認証を行いますので、なりすましや盗聴が非常に困難な安全性の高い通信を行うことができます。

拠点エッジ装置間でのデータ通信 (Uプレーン / Dプレーン)

Uプレーンとは、拠点に設置されるエッジ装置間の暗号化された通信を指します。エッジ装置間の暗号化セッションを確立する際には、オーケストレーターから通知される接続先のIPアドレスに対してのみセッション確立を試みますので、オーケストレーターで承認された接続先のエッジ装置とだけ、暗号化セッションが確立されることになります。


ハードウェアスペック / 諸元

以下が拠点に設置されるエッジ装置のスペック・諸元となります。なお、エッジ装置の機種は弊社都合で変更となる場合があり、機種の指定はできません。

外観図

エッジ装置 前面図
エッジ装置 前面図
エッジ装置 背面図
エッジ装置 背面図

諸元

項目 諸元
LANポート 2ポート
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T対応
ストレート/クロス自動判別
WANポート 2ポート
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T対応
ストレート/クロス自動判別
電源ボタン 押しボタンタイプ
電源オン時は戻り位置が若干下がります。
動作環境条件 動作温度0~50℃ 動作湿度20~80%
電源 V A Idle: 16W , Full loading: 29W
最大消費電力 13.3W
最大消費電流 1.1A
電波障害規格
環境負荷物管理
VCCI クラスB
外形寸法 175x188x44
質量 600g

電源ボタンによる再起動

本サービスで提供するエッジ装置は電源のオン / オフが可能です。電源をオンから通信可能な状態になるまでに約5分程度かかります。

エッジ装置の背面電源ボタン
エッジ装置の正面電源ボタン

LEDランプの内容

LEDランプの種類 一覧

名前 LED 内容
電源 ● (消灯) 電源をオンにすると点灯します。
(緑)
ディスクアクセス ● (消灯) 内蔵ディスクアクセスの際に点滅します。
ディスクアクセスが無い状態では消灯となります。
(赤)
Link
(前面・背面共通)
● (消灯) 通信が無い状態では消灯となります。
(緑) Linkup状態でかつ通信が発生すると緑に点滅します。
Speed ● (消灯) ポートのLinkがDownしている状態では消灯となります。
(緑) Linkup状態であり、100Mbpsで通信が行えます。
(橙) Linkup状態であり、1Gbpsで通信が行えます。

なお、LANポートの並び順序は前面、背面ともに向かって左側の2ポートがLAN、右側の2ポートがWANポートの順序になります。

LEDランプ 背面画像
LEDランプ 背面画像